新型融資 データレンディング

FavoriteLoadingお気に入りに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

資金ショートの危機、または創業直後で銀行融資に躊躇されている経営者様、新型融資をご存知ですか?

  新型融資とは、日々のお客様の会計データを人工知能(AI)で分析して与信判断を行うデータレンディングです。 つまり、売上、仕入、経費等のお客様の会計データがあればネット上で申し込み・融資可能です。 故に、融資を受けるための様々な書類の準備、または金融機関担当者に対する気遣い等のわずらわしさ等がなく、創業直後の企業でも「門前払い」にされることはありません。

たとえばオリックス株式会社と弥生会計の弥生株式会社が共同で設立したアルトア株式会社(ALTOA)のオンライン融資は、オリックスの持つ与信ノウハウと弥生会計データをコラボーレートしたデータレンディングサービスです。 本人から許諾を得た上で、金融機関及び外部データ機関等から情報取得し審査に利用するノウハウがあるため、最短で即日融資も可能ですので、審査が間に合うか等の心配も軽減されます。

アルトア株式会社の融資条件 融資金額50万円~300万円、金利3.8~14.8%(実質年率)、保証人・担保なし ※消費者金融やカードローンより金利が低くなるケースが多いと思われます。 ご興味をお持ちの経営者様はお問い合わせ下さい。
上記サービスは、既に金融機関と良好な関係を構築している法人に対して必要性は薄いと思われますが、まだ金融機関と付き合いの浅い零細企業にとっては大変有意義なサービスであり、中小の若い企業も信用に応じて融資を受けれる可能性が拡大し、成長に寄与していくものと思われます。 こうしたデータレンディングの手法は現在、多方面で広がりつつあります。 たとえばリクルートホールディングスは、「じゃらんnet」に登録する宿泊業者や、「ホットペーパー」を利用する飲食店、美容室を同サイトで確認できる売上や日々の決済、受注データ、口コミ等から信用力を判断しており、銀行を介さずに融資事業に参入する企業が増えております。 楽天やアマゾンの出店企業への融資もその例と見られ、今後これらに対する銀行勢の動きも興味深いところであります。
2018年9月14日 | カテゴリー : 資金調達 | 投稿者 : admin